ローン借り換えを賢く比較 ~ローンを借り換える利点~

借り換えローンのメリット

少額のローンを借り換える利点としては、おもに利息の支払額を減らすことができるといったことなどが挙げられます。

特に複数の会社で少額の融資を利用しているという場合には、借り換える利点もより大きくなるということができます。

最近は「おまとめローン」と名付けた商品で、借り換えのプランを提供している消費者金融業者が多くなっています。利用する側としては、複数の業者から借り入れている高い金利の融資を低い金利でひとつにまとめることができるという利点があります。

消費者金融業者の側にしても、他社からの融資について自社に乗り換えてもらうことができるという利点があります。そのため、おまとめローン商品は、比較的金利を低く抑えていることを特徴としています。

しかしながら、実際におまとめローンによる借り換えを考えるときには、いくつかの点について確認することが必要です。借り換えとはつまり、あらたにローンを組んで、その資金によってほかの複数のローンを完済するというものです。自分にとって本当に有利になるかどうかについて、確認するということが大切です。

具体的には現在の複数のローンを完済した場合の総返済額、まとめた場合の総返済額、さらに手続きにかかる諸費用などを考慮する必要があります。

たとえば3社で組んでいるローンをまとめようと考えていたとしても、そのうちの1社が元々低金利であるということになると、まとめることによるメリットがあるか検討し直す必要がありますよ。


借り換えと総量規制

ローンの借り換えをするにあたっては、総量規制について考慮することも大切です。

総量規制は貸金業法によって定められている制度であり、総借入残高が年収の3分の1を超える貸付は原則として禁止するというものです。つまり、一社であっても複数社であっても、合計して年収の3分の1を超える金額になる借り入れをすることはできないということです。

そのため、借り換えをするにあたっては、総借入残高が年収の3分の1を超えることがないかどうかを確認する必要があります。借り換えを申し込むときにも業者からは、借入残高が50万円を超えたり、総借入残高が100万円を超えたりする場合には、収入証明等の提出が求められることとなります。

ただし銀行などからの借り入れに関しては現在のところ、総量規制の対象外となっています。具体的には銀行やゆうちょ銀行、農協などといった金融機関による借り入れが、対象外であるとされています。

そのため銀行などで借り換えをする場合には、総借入残高について気にする必要はありません。そういった理由からも銀行などでは、借り換えによる借金返済を支援するための「おまとめローン」といった商品に力が入れられています。

おまとめローンについては、最低金利が平均して5%前後といった低い水準で設定されている場合が多いため、高金利で複数の会社から融資を受けているという人にとってはメリットが大きくなっています。

ただし、銀行などの金融機関は消費者金融業者と比べて審査の基準が厳しいため、総量規制を超えない範囲であれば、消費者金融業者を利用することでメリットが大きい場合もあります。


借り換えにも審査はある

借金をするという場合では新規の借り入れであっても借り換えであっても、審査が行われます。審査と聞くと、心配に思うこともあるでしょう。しかしながらその基準はそれぞれの金融機関やローンの種類、金額などによっても違ったものになっています。

たとえ審査があったとしても、借り換えをすることによって借金総額や毎月の返済額を減少させることができるなどといったメリットがあります。

審査の流れとしては、借り入れの申し込みがあった金融機関が申込者と申告内容について、信用情報機関に照会します。具体的には名前や生年月日、住所などといった基本情報のほか借金の有無、件数、総額などについて確認されます。

そこで問題がなければ職場に在籍を確認し、さまざまな金融機関が持っている過去のデータベースなどをもとにして、申込者を評価します。そうして融資するかどうか、いくら融資するかということが決まります。

複数の借り入れをひとつにまとめて金利を下げ、返済額を減らすための借り換え用商品である「おまとめローン」などを検討する場合には、インターネット上から複数の金融機関に見積もりをしてもらうこともできます。

年収や職業、借り入れに関する状況などをフォームに入力することによって、借入可能額が自動計算されます。金額次第では自動審査によってすぐに融資を受けることができるという場合もあります。

借り換えでも住宅ローンなどといった高額な融資については年収、勤続年数、延滞歴などといった信用にかかわる項目が審査では重視されます。