低金利の借り換え

キャッシングの借り換えに関しての最重要事項ともいえる「金利」ですが、一般にキャッシングした額、つまり借入額が大きくなるほど金利は低くなります。

金利の設定はそれぞれの金融機関によって異なるわけですが、借入額が大きくなるほど金利が低くなるのであれば、分散してそれぞれの金利がつくよりも、借り換えをしてまとめて借入額を大きくして金利を低くすることを考えたほうが良いということになります。

毎月の返済額も、支払い総額も、分散させていたときの合計より抑えられる可能性を探して、借り換えた場合の試算をしてみましょう。このような場合、各社のホームページ、または「キャッシング 返済シミュレーション」などと検索窓に入れてネット検索するといろいろと出てきます。

この「返済シミュレーション」で出た結果はあくまで試算として参考までの数値とはなりますが、返済計画を立てたり、金利比較をするのにも大変便利です。因みに、年利率は出資法により29.2%が上限として定められていますから、これ以上高い年利は無いわけですが、銀行系キャッシングと消費者金融系ではその利率が8.70%~29.200%という幅の広さがあります。

利息についての知識として、利息制限法や出資法などがありますがおおまかにでも理解しておくと、借り換えのときなどにも役に立つかもしれません。また「無利息キャッシングサービス」をもうけている会社もあり、新規入会から7日間の無利息や、30日間も無利息だったりなど、このサービスの適用期間は会社によって違いますので確認をしっかりとして、なによりも返済日のチェックは大事ですから確認しましょう。


おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットの1つに、おまとめローンを行うことでローンが1つになることによって、さらにローンを組むことが可能となると考えられます。なぜ、おまとめローンを行うことによって、新たなローンを組むことができるのでしょうか。それは、おまとめローンによって返済の負担が減り、返済に余裕ができるからです。

複数のローンを組んでいて、それを1つにまとめたにもかかわらず、再度ローンを組むことがあるのでしょうか。確かに、あまり多くのローンを組むことは返済の負担も大きくなることから、なるべくならば避けるべきです。しかし、急に物が必要になることもあるでしょう。そのため、おまとめローンによって、新たなローンを組む余力を残しておくことは重要であるといえます。

先ほども述べましたが、おまとめローンによって新たなローンを組む余力が生まれたからといって、さらにローンを組むことは得策とはいえないでしょう。おまとめローンを組んでいながら、新たなローンを組むことを認める業者は多くないでしょう。なぜなら、お金を返済してもらえるかどうか定かではないからです。

そのため、おまとめローンを組んでいるのにもかかわらず、新たなローンを組もうとすると、よくない業者に引っかかる可能性が高いといえます。大変注意する必要があります。それでも、新たなローンを組むことができるというのは、精神的にも余裕が生まれます。その意味でも、おまとめローンを行うことには一定のメリットがあるといえるでしょう。