おまとめローンは借り換えローン

小口の借り入れをしすぎると、完済するまでに時間がかかるようになります。返済に追われ、生活の余裕がなくなってしまうことにもなります。

そういった人のために、金融機関では「おまとめローン」という商品を提供するようになりました。このおまとめローンは、「借り換えローン」ともいうことのできるものです。

一般的に、住宅ローンなどといった高額の融資を受けているときに金利や手数料の金額、総返済額を減らす目的で組み換えられるものです。おまとめローンについては少額でいくつもある借り入れを一本化する目的で利用されるものです。

それぞれ違ったものであるように思われますが、手数料や金利を安くするといった観点から見ると、おまとめローンは借り換えローンとしての性質を持っています。

いくつかの消費者金融業者から借金をしているというときには特に、金利について見直してみるとおまとめローンの方が安くなるということが多々あります。

各社から借り入れている金額をまた別の業者から借り入れ、それまでの残額はすべて返済してしまうようにします。そうすると、その後は借り換えたおまとめローンの返済だけに集中することができ、余分な支出である手数料などはひとまとめにしてしまいます。金額こそ少額ではありますが、用途や利用方法に違いはありません。

おまとめローンを借り換えローンであると考えると、仕組みについてはわかりやすくなります。ただ、すでに借金が慢性化してしまっているような方には、おすすめすることができません。必ず完済させるという意志を持っていなければ、せっかくひとつにまとめた借り入れのほかにまたあらたな借金をしてしまうというケースが多いのです。