借り換えするメリットは?

消費者金融系のカードローン商品には、借り換えに適しているものがあります。無担保で極度貸付方式になっているカードローンやキャッシングが一般的です。

カードローンを借り換えるにあたっては、限度額に応じた金利の設定になっている場合が主流です。

あちこちから借り入れているものをまとめることによって、いくつも借りている場合と比べて金利の低いローンに借り換えることのできる可能性があります。消費者金融業者からの借り入れは貸金業法で定める総量規制の対象になっていて、年収の3分の1を超えて借り入れることはできません。

ですが、借り手が一方的に有利となる借り換えについては、その例外となる可能性があるのです。

現在は多くの消費者金融業者においておまとめローン、借り換えローンといった商品を提供しています。いくつもの業者で利用している借り入れを、ひとつの業者にまとめることができます。借り入れがいくつもあると、それぞれで返済の日付や金額が違っています。管理するにも把握することが大変になってしまいます。

借り入れている金額によって金利が変動するという場合には、金利を抑えることにもつながります。借り入れがまとまれば、返済日も毎月1回となって管理しやすくなり、返済予定もわかりやすくなります。

借り換えは金利を下げて利息を減らし、総返済額も減らすことができるというように、メリットがいろいろとあります。返済で苦しんでいるというときには、救世主のようにも思われるでしょう。自分に合った計画を立てて、しっかり検討したいところです。