ローンを借り換える意味がないときもある

最近はローンの借り換えをすると借りている総額が減ることになる、支払う利息の金額が減るなどといった宣伝が聞かれるようになりました。

しかしながらしっかり確認しないと、実はローンを借り換えてもあまり意味がないというケースがあります。

たとえば、借り換えるときには繰り上げ返済手数料、保証料といった費用が無料になる金融機関もあります。しかしながら、事務手数料は借り換える前のローンよりも高くなっているといった可能性は考えられます。そのために、金利などが安くなっていても事務手数料で損をしてしまうというケースが少なからずあるのです。

また、ほかの費目で保証料が高くなったといった事例もあります。そうなるとトータルでは条件が悪くなってしまいますから、意味がないということになるわけです。また、借り換える前のローンと金利の差がどうなっているのかということについても注目したいところです。

同じ金利差と事務手数料であれば何も変わりません。もっとも着目すべきは金利差であり、1%以上となると違いもわかります。

手続きをするときには、各種の手数料がいろいろと発生します。

手持ちの物件について検査するための費用や融資手数料、抵当権設定登記費用、抵当権を設定する際に依頼する司法書士の報酬などが挙げられます。

一概に言うことはできませんが、金額としては300,000円から500,000円ほどとなります。こういった費用を支払ってもなお、返済額が元々のローンよりも少なくなってはじめて、借り換えるメリットが生まれます。