借り換えローンで返済忘れがなくなるの?

複数の金融機関から借り入れをしていると、返済期日や返済方法を混同してしまうことにもなりかねません。うっかりすれば、返済を忘れてしまうということもあります。

そうなってしまうと、遅れて返済を済ませたときには、本来であれば必要がなかった延滞金を支払わなければならないということになります。延滞料は遅れた日数分だけ加算されていきますから、ちょっとしたミスが痛い出費へとつながってしまいます。

延滞の事実は個人信用情報として残ることになりますから、後に同じ金融機関でお金を借りようとしても、審査のときには不利になる可能性があります。そもそも、審査自体を受けることができなくなることもあり得ます。

デメリットしかない返済忘れを繰り返さないための自衛策としては、複数のローンをひとつにまとめるという借り換えを検討することが有効です。ローンがひとつにまとまるメリットは、毎月の返済日が1日にまとまるため、返済忘れや残金の不足などといった事態を避けやすくなることです。

また、借り換えによって借り入れを一本化すると、金利が抑えられることにもつながります。将来的には返済総額も減少するといったように、返済計画の改善効果もあります。

まず、経済状態を安定させるためにも、返済忘れや延滞金の発生といった余計な支出を避けることは大切です。借り換えによって金利や返済額の管理がスムーズになれば、家計の状況についても把握しやすくなります。