消費者金融でも借り換えは総量規制にならないの?

総量規制とは消費者金融、信販会社などといったように、ノンバンク系の会社から借りるローンやキャッシングなどの個人に向けた貸し付けを対象として、無担保ローンの借入上限金額が年収の3分の1までに規制されているものです。

しかしながら消費者金融業者からの借り入れであっても、借り換えについては場合によっては総量規制に該当しません。総量規制には例外、除外があるからです。

例外のひとつが、顧客が一方的に有利になるという場合です。すでに借り入れている融資よりも金利が下がって毎月の返済額、返済総額が減少するという場合であり、つまりは債務自体を減らす借り換えです。

上限金利が引き下げられる前のいわゆる「グレーゾーン金利」のままで返済を続けている場合、元々毎月の返済額が高い金額で契約している場合、ボーナス併用払いでの契約をしている人などは、十分に検討する余地があります。
借り換えをして総返済額が少なくなるのであれば、その部分について追加で融資を受けることもできるようになる場合があります

小口で借金がいくつもあるのであれば、借入限度額が大きいひとつの融資に変更することで毎月の返済額を少なくする借り換え、いわゆる「おまとめローン」も総量規制の例外となります。

借金をいくつもの会社に割り振るよりも、ひとつの会社からの融資にすることで金利は抑えられます。毎月の返済額や返済総額も減少します。消費者金融業者だからという先入観を持たないことが大切です。