借り換えが多いとブラックリストになるの?

ローンは借り換えることによって、より有利に返済していくことができるようになる可能性も十分にあります。ただ、申し込みの回数が多いと、いわゆる「ブラックリスト」に情報が残ってしまうという懸念もあります。

借り換えローン商品を申し込んだ際に審査を受けて通らないということも少なからずあるということが、おもな理由となります。

借り換え先となる金融機関においては、申し込みがあった人のことをそれまでのローンでは返済していくことが困難になった人であると判断します。

そのため、審査にあたっての基準が厳しいものになるのです。つまり、審査の段階でパスすることができないという人も少なくないのです。そしてその回数が増えるほどに、基準も厳しくなっていきます。

機械ではなく人間が判断しているものですから、基準が厳しくなっていくことは当然でもあります。

審査の内容については収入、勤続年数といった状況のほか、別のローンを利用しているか、これまで返済に遅延がなかったかどうかなどといったことも、個人信用情報機関に登録されている情報で照合します。

万が一返済の遅延などといった「事故」の履歴があるような場合には、審査に通ることはないでしょう。

借り換え回数が多いこと自体も、何度も融資を申し込んでいるという見方をされますから、良い印象にはなりません。借り換えが果たして可能であるのかどうかについて、自分でも事前に客観視してみる必要があります。